足を鍛えてむくみ予防!

足を鍛えてむくみ予防!

カゼの予防だとか、インフルエンザの予防、虫歯の予防、肥満の予防などなど、「予防」にはいろいろありますが、しかしなかなか「足のむくみの予防をしよう」などとは考える人がいないようです。しかし、足のむくみというのは、普段から予防できる症状であると言えます。それでもなかなか「足のむくみの予防」という発想に至らないのは、おそらく平時、なんでもないときに足のむくみのことをまったく思い浮かべることがないからでしょう。それでいながら、むくんでみてはじめて言いようのない不快感に苛まれるのも足のむくみの特徴ではないでしょうか。そんな不愉快な気持ちになるのであれば、やはり予防や事前の対策を講じてもよいのではないかという気がします。

 

 

 

足のむくみの対策として考えられるのは、「足の筋肉をつける」ということです。血液というのは、心臓を起点として、全身に放射状に送られるわけですから、心臓よりも下にある足が、血液にとってはいちおうの終着点ということになるはずです。しかし、血液はそこでとどまっているわけにはいきませんから、当然今度は重力に逆らって上昇しなければなりません。そんなとき、ポンプの役割を担って、上方に血液を送り出してくれるのが、「足」なのです。つまり、足がむくむということは、それだけ足の血液が上に向かっていないということになるのです。ですから、足の筋肉を鍛えることで、血液を上に向かって送り返す力をつけてあげなければならないわけです。

 

小岩で信頼をあつめる整骨院

 

では、足の筋肉を鍛える、あるいは筋力を低下させないためにはどんな方法があるのかと言うと、一番効果が高いのが、「ウォーキング」です。1日にだいたい30分程度、週に4日以上のウォーキングをこなすことで、足のむくみは十分に予防できます。もちろん、むくみができてしまってからの対策としても効果があります。

 

草加で整体による交通事故治療

 

また、水分補給をまめに行うということも、足のむくみの予防、対策になります。分量の目安として、1日に2リットル程度の水分補給をするのが望ましいとされます。できるだけ、活動がある日中にたくさん水分を摂取することを心がけましょう。
水分を多めに摂取することで、血液濃度が高くなりすぎないというメリットが生まれます。足のむくみは、血液濃度が高すぎる場合に出やすい症状であるとされていますので、こまめな水分補給は、足のむくみには非常に効果的であると言えるわけです。
また、塩分の摂り過ぎや、食生活のバランスの崩壊なども、足のむくみの直接的な原因になりますので、そのあたりの食生活に関しても、十分注意を払うようにしてください。