足のむくみを解消!

足のむくみを解消!

足のむくみに悩む人は多いようですが、足のむくみというのは、意外と簡単に解消することができるのです。もちろん、場合によっては心疾患や腎疾患、さらには肝機能障害、あるいは甲状腺機能低下症など、しかもどれもかなり進行してから見られる種類のむくみもありますが、そうではない、一過性に近い足のむくみであれば、割とすぐに解消できますので、さすがに街を歩きながらというわけにはいきませんが、おうちで十分実行できる範囲です。

 

 

 

簡単に言ってしまえば、自分の足を自分の心臓よりも高く上げることで、足のむくみは解消されることが多いです。基本的に、身体の内部も身体の外部もまったく同じで、すべての物質は重力に従って下に、下にと向かいます。ですから、どうしても一番下にある足には疲労物質や老廃物がたまりやすくなるのです。これを解消するには、足を自分の心臓よりも高く上げればよいというのは、非常に理にかなった方法なのです。
また、入浴によって足のむくみを解消することもできます。足のむくみをとるための入浴のポイントは、お湯をあまり熱くせず、ややぬるめくらいのお湯の中に長時間浸かることが大切です。

 

 

 

また、そんなに長く入浴していられないという人は、いわゆる「足湯」の形で足だけ長めに入浴するという方法も有効です。この場合には、ふくらはぎくらいまで湯に浸かることができる状態をキープすること、そしてやはり全身浴と同様に、あまりお湯の温度を上げすぐないことが大切です。足を温めることによって、全身の血行がよくなるという効果がありますので、足湯だけでもむくみの解消には非常に効果的です。加えて、水圧によるマッサージ効果を得るという方法もありますが、これは自宅だとなかなか難しいと言えるかもしれませんね。

 

 

 

さらに、今度は器具を使う場合について。器具と言ってもそんなに専門的な物を用意する必要はありません。いわゆる「青竹踏み」でも十分効果を見込むことができます。20回くらい青竹に体重をかけて踏むことで、足の温度が上昇し、血行を促進することで、足のむくみの解消につながります。
また、足裏のマッサージによる方法もあります。これも「青竹踏み」と同様の効果を見込むことができる上、足痩せをはじめとする美容、ダイエット効果も期待できる方法なので、特に女性は足裏マッサージにチャレンジしてみるのも悪くない考え方だと思います。
繰り返しになりますが、ここでは簡単なむくみ解消法をご紹介していますので、それでもなかなかむくみが改善しない場合には、必ず病院で診察を受けるようにしてください。